スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本選手権3連覇なる!

11/4、SG第44回日本選手権オートレースの優勝戦(決勝)が川口オートレース場で行われました。

この開催は全日程通じて好天に恵まれ、全レース安定したコンディションでのレースとなりました。
上位選手では高橋貢選手が3日目スーパーライダー戦でフライング失権。有吉選手、金子選手が
準決勝で敗退したものの、木村武之選手、田中茂選手といった選手権V経験がある強豪選手が復活し、
優勝戦は”さすが日本選手権”という、錚々たる面々でのレースに。

その優勝戦を制し、今年の実力日本一の称号を手にしたのは、、、
永井大介選手
史上初、日本選手権3連覇を達成!!通算SG8勝目を飾りました。

今開催の永井選手は初日からなかなか堅調で、連日安定したパフォーマンスを披露。
勝負所の準決勝では出遅れて最後方からのレースとなりましたが、着実に追い上げ2着で優出。
迎えた最終日、試走トップタイム、レースでは好Sからカマシを決め得意の逃げ展開を作って完勝しました。

かつて飯塚将光選手片平巧選手高橋貢選手が挑んで跳ね返された大記録、遂に達成です。
この永井選手の3連覇、振り返ると、一昨年と今年の優勝はまあ調子から見て順当だったと思いますが、
去年は晴れでは優勝が想像し難い状態で、永井選手本人も言っていたように”雨に恵まれた”
感がありました。それを考えると、永井選手をしても薄氷の上での記録達成だったと言え、
やはり、これはとてつもなく難易度が高い大記録なんだなぁと、そんな風に思いますね。。

そして、この選手権の結果で、年末のスーパースター戦出場選手16名が決まりました。
 ↓
SG第27回スーパースター王座決定戦 トライアル戦 出場選手決定!

今回上位入賞を果たした木村選手、田中選手やなんとかポイントを加算した中村選手も加わり、
実力あるトップライダー達が漏れなく顔を揃えた形になったと思います。
舞台は再び川口。ズバリ、テーマは”ストップ・ザ・永井 なるか”ですね、これは。今から楽しみです。

それでは、今回の選手権の優勝戦レースと永井選手の優勝インタビューの動画をどうぞ。
木村選手は序盤が速く途中まで永井選手を追走、田中選手は最後まで追い上げて2番手に肉薄と、
復活した26期の2人それぞれに持ち味が出ましたね。






にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KINGOFOVAL

Author:KINGOFOVAL
オートレースをプロスポーツとして楽しんでいます

ご意見ご要望はコメントまたはこちらまで

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。