スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想いを引き継ぐ

1/24浜松での優勝戦で渡邉篤選手が快勝、初Vを決めました!
これで優勝戦に挑んだ31期生3人連続で優勝となりました。

渡邉選手はこの開催で自己ベストを連続して更新。
特に優勝戦では、今のところ31期の最高タイムとなる3.381という猛烈な時計を出しました。


同期生を亡くした新人選手達がどのような気持ちでレースと向き合っているのか、
その答えが渡邉選手の優勝後のコメント(下記ページ)にありました。
  ↓
K-MIX杯、新人・渡辺 篤選手(浜松)が初優勝!


----抜粋--------------------------------------------------
”一生懸命走って、走って、悔いなく走り抜くこと”…
”オートレースに一生懸命になること”、
そしてオートレースを見てくれたお客様が、心を熱くさせ感動してくれる、
『オートレースって、すごいんだよ、楽しいよ!』と世間に広く知ってもらいたくて頑張っていた坂井の想いを、
僕たちが引き継いで走り続けることが、坂井への想いに応えることだと感じたのです。

この1週間で中尾(中尾貴志選手)が優勝し、青山(青山周平選手)が優勝し、自分も優勝することができました。
31期のみんなが、坂井のオートレースに懸けた想いを引き継いでいると思います。

・・・ オートレースに一生懸命な姿、お客様がオートを見て「また明日も見よう!」と、
オートレースに魅力を感じてくれる、そういう走りを…
”オートレースの素晴らしさ”を知ってもらうために、これからも一生懸命走り続けたいと思います。
----------------------------------------------------------


その真摯な言葉に心を打たれました。

渡邉選手はロード界で輝かしいキャリアを持つ、31期の最年長、一番の”お兄さん”です。
この言葉は、渡邉選手個人というだけでなく、31期生全員の気持ちを代表して語ったものでもあると思います。

ここまで人の心を動かす、坂井選手のオートレースに懸けた想いに、
改めて、心より敬意を表したいと思います。。。


今回の動画は上記の渡邉選手初優勝レースです。レース前日の優出(ファイナル進出)インタビューもどうぞ。
やや硬い表情(これは仕方ありませんね)ではありますが、優勝戦に向け手応えを掴んでいる感じも伺えます。
優勝戦レースは木村選手と金子選手、浜松両エースの走りも見ものですよ。





P.S. 渡邉選手と青山選手の31期ペアで鈴鹿8耐出場との報道もありました。
   まだ詳細は分かりませんが楽しみです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KINGOFOVAL

Author:KINGOFOVAL
オートレースをプロスポーツとして楽しんでいます

ご意見ご要望はコメントまたはこちらまで

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。