スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報

訃報が入ってきてしまいました。。。

昨年7月にデビューしたばかりの坂井宏朱選手(船橋所属・31期)が今日夕方、練習走行中に転倒事故を起こし、殉職されました。
 ↓公式
坂井宏朱選手の殉職について

生前のインタビュー等から、坂井選手がとても真っ直ぐで純粋、そして努力家であるという事がファンには伝わって来ていました。
こんな事になり、とても悲しい思いです。

心よりご冥福をお祈りいたします。



坂井選手については、候補生となった時にこのブログでもちょこっと触れた事がありました。
その時は、「よくやろうと思ったなぁ」「思い切ったなぁ」というボカシた表現にとどめましたが、
本音では「大丈夫かいな?」という思いでした。
恐らくオートレースにかける想い・ガッツは並々ならぬものがあるのだろうけれども、あの厳しいレースの世界で
本当にプロとしてやっていけるのだろうか? そんなに適性があるのか? 相当苦労するのでは?、、、、
今日、訃報を耳にするに至り、あの時の、いちオートレースファンとしての率直な感想が思い出されます。

言うまでもなくモータースポーツは危険なものです。どれだけ安全管理に力を入れても、どれだけ熟練の選手が
走っても、レースをする以上は(小さなものも含めれば)事故は付き物と言えます。それは選手も覚悟の上でしょう。
しかしながら、亡くなった坂井選手が、あのプロのフィールドで勝負をするのに十分と言える準備が出来ていたのか?
主催者がその思惑でもって、そこにある危険性に目をつぶった(または軽視した)面が多少なりともあるのではないか?
この事故に関しては、そんな何かモヤモヤとした思いを抱かずにはいられません。
折りしも32期の選手候補生募集の直前というタイミングでの悲報、
関係者の方々には、もし何か見直す点があると思われるのでしたら早急にお願いしたいと思います。


にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

坂井さんのご冥福をお祈りします

どうもはじめまして
このニュースを聞いた時はほんとに絶句してしまいました。31期生はオフィシャル
ブログで養成所の経過を詳細に載せていたので思い入れが特にあったので…

でも彼女は素晴らしい才能の持ち主だったと思いますよ。
第2次試験合格のリストを最初に見た時は私も「かなり無茶じゃないか?」と
思いました。


実際問題、26歳のバイク未経験の女性で1年で検定試験タイムを出せと
言われて出せる人はほぼいないでしょう。しかし彼女はクリアしたわけで
他の選手と比べて成長は確かに遅かったですけど、そこは人間の素直さや
努力で補っていったわけですよね。デビュー後もかなり遅いしハンデも
極端な重ハンでしたけど、まるでレースにならないというわけではなかった。
雨の日はまあなんとかなるタイムでしたし、今年の最後となってしまった
レースも6位でした。試走タイムも以前よりは良化していました。

だから私はJKAが彼女をオートレーサーに選んだことは決して間違いでは
無かったと思うんですよ。こういってはなんですが、もっと酷いレーサーは
最近でもいました。だから、主催者の思惑があったにせよ、無かったにせよ
彼女を選んだ基準は妥当なものだったと思いますし、それを否定することは
彼女のこの2年近くの努力を否定することになってしまいます。私としては
心情的にそれはしたくありません。


とはいえこのような最悪の事態が起きてしまって、ただただ残念です。
個人的に思うことは、養成所の期間を延長できなかったのかなーと思うん
ですよ。震災があったせいで、模擬レース数が例年と比べるとかなり少な
かったみたいで、31期生全体にいえることですがその中でもレース未経験
バイク未経験の人は、デビュー後が辛かったんじゃないかなと。坂井さんは
デビュー後でもスピードに対する恐怖心がまだありそうだなと素人目にも
感じられましたし。


真面目で努力家だっただけに、他の選手との遅れを何とか埋めようとして
頑張っている最中の練習走行で、事故死とはファンとしても本当にやりきれ
ません。坂井宏朱さんのご冥福を改めてお祈り申し上げます。

合掌・・・・・

そこまでは思い至りませんでしたが、単車に乗るものとしての悲しい実感は少しだけわかるつもりです。

とっても悲しい・・・仰られているように覚悟の上。だからこそなんですね。

こころよりご冥福をお祈りいたします。

No title

坂井宏朱さん
亡くなってしまいましたね
(´д⊂)‥
女子レーサーで楽しみにしていたのに残念でなりません
やっぱり女子は駄目だ・・ってなりそうですし

Re: 坂井さんのご冥福をお祈りします

youkiさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

そうですね。。。おしゃる通りかも知れません。

オートレーサーは養成所を卒業しても実戦デビュー時にはまだヒヨコ同然、その後OJTで鍛え上げ成長して行く世界だとは思っています。
ただ、一度あのプロ集団に中に入ってしまえば、なかなか「マイペースで頑張る」などと構えていられないでしょうし、
そういった意味で、養成期間は杓子定規で決めて欲しくはないですよね。

今回の事故はレース中のせめぎ合いではなく、練習での単独走行中に起きたという事で、
何か余計に色々と考えてしまいました。。。

Re: 合掌・・・・・

ellaさん
いつもありがとうございます。

そうですね。私もレーサーではありませんが、かつて単車を足代わりに使っていた時期があり、
いく度か危ない目にも遭いました。自分のミスも含めて。
ですから”ミスって体で覚える”という感覚、そしてその蓄積が上達に繋がるという論理は少しは解るつもりです。
しかし、それを日々の生業とせんとするレースプロの覚悟というのは相当なものだろうと想像しますよね。。。

Re: No title

(´д⊂)‥ さん
はじめまして。でしょうか? コメントありがとうございます。

そうですね。活躍を楽しみにされていた方は多いと思います。本当に残念です。。。
でも短絡的な判断は下して欲しくはないですね。
世間がより一層”痛ましいニュース”として受け取ってしまうのは事実でしょうけれども。

悲しいです、、

坂井選手の訃報を知り愕然としました、、

そして、疑問が、、

佐藤選手は、モトクロの実績があるのに対して、彼女はバイクの経験が無いのに何故採用されたのか?

能力 努力 の賜物とはいえ、短期間でプロとして走るのには無理があったのではと思ってしまいます、、

うちの子は、6才からバイクに乗り ミニバイクレースをしていますが、13才になった今でも、タイムは速くても大人の方に比べると技l術的には劣っているのでは?
と感じています、、
速いと強いは、違うのでは、と思います。

Re: 悲しいです、、

じんたろうさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

おっしゃっている事(疑問、考察)わかります。
これだけ世間的に反響のある事故、そしてそのように感じる人が少なからず居る状況ですから、
当然そこは問われる事になるだろうと思います。

私もオートレースを紹介するという主旨でこのブログを始めたので、ネガティブな話題や私自身の意見などは
出来る限り書かずただの”オート宣伝ブログ”的にやってきた次第でありますが、今回は看過できないと感じ、
付け足してしまいました。。。


速い、強い、巧い、、、それぞれ意味が違いますよね。
そして、レースに勝つためのテクニック以外にも、様々なアクシデントの発生時、もしくは予兆を察知した時に
瞬時に自分や他ライダーの身の安全を確保するテクニックも、レースのプロとして生きていく以上必須だと思います。
そうでないと命がいくつあっても足らないでしょう。
普通にやったら危険な事(レース)を極力安全にこなす技術とでも言うのでしょうかね。。。

才能と努力

はじめましてカルロといいます。
坂井選手の訃報を聞き恐れていたことが起きたと瞬時に思いました。
彼女の同期には3歳からポケバイをはじめ全日本ロードレースチャンピオンで
世界GPやWSBKを経験した青山周平選手がいます。彼は200馬力以上のパワーを誇りトップスピード優に時速300キロ超える本当のレースの世界からオートレス界にやって来た凄いライダーなのです。しかしながら彼でさえもWGPの世界は厳しくシートをなくしました。結婚し子供が出来た為世界チャンピオンの夢を諦め新たな人生設計のためこの道を彼は選らんだのだと思います。
その様な経験者とオートバイ経験ゼロの増してや情熱だけの女子がいかに才能があろうとも他かだか一年間の軍隊式訓練で同一レベル達するなど有り得るはずが無いのです。永井選手に憧れてオートレーサー目指した彼女の純粋さ向上心がこの結果を招いたような気がします。連戦戦勝の同期選手を見て闘争心が沸くのは自然なことです。なぜ元GPライダーや女子選手が採用されたかは言うまでも無いでしょう。森選手が選ばれたのと同じ理由です。今後このような悲しい事故が無いことを切に願います。坂井選手のご冥福をお祈りします。

Re: 才能と努力

カルロさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

そうですね。確かに坂井選手は純粋で、向上心の塊だったと思います。
本当に悲しい事になってしまいました。。。

青山周平選手がロード時代から才能豊かな走りをしていたのは私も存じていますよ。
彼女の分まで同期の星、周平選手を応援してあげてください。
プロフィール

KINGOFOVAL

Author:KINGOFOVAL
オートレースをプロスポーツとして楽しんでいます

ご意見ご要望はコメントまたはこちらまで

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。