スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選手(オートレーサー)について3

選手(オートレーサー)について、3回目です。
養成所を無事卒業しますと、晴れて"新人選手"としてオートレーサーの仲間入りです。
全国6ヶ所のレース場のいずれかに配属され、そこをLG(ロッカーグランド。自分のロッカーのあるレース場)としてレース活動をして行きます。

いずれにせよ、オートレーサーには契約金はありませんから、
デビューした瞬間から、レースの賞金で食っていくプロの賞金稼ぎになったと言う事です。

ただ、新人選手には一定期間、他の先輩方とは異なっている点もあります。

まず一つは、デビュー後1年半程度は500ccのバイクで走るという点。※"2級車"と呼びます。
先輩方は600cc(1級車)ですので、排気量に差があり明らかに不利なのですが、その反面操りやすく、レースに慣れるという目的には適しているのです。
そして、ハンデ制(逆ポールポジション制)のオートレースでは、軽ハンデ位置(前方グリッド)からスタートさせる事によって、それでも十分競走・興行として成り立つのです。

もう一つは、デビュー後1年間は、予め決められた"指導員"の指導のもとレーサー生活を送るという点。※師匠と呼びます。
師匠も現役選手で、指導期間が過ぎても一緒に整備したりアドバイスを貰ったりする先輩として付き合っていく事が多いようです。

さて、今回の動画は森且行選手のデビュー戦の模様です。新人である森選手が2級車に乗って最前方スタートでレースをし、レース後の会見では師匠の広瀬登喜夫選手(後に引退)もコメントをしています。




にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KINGOFOVAL

Author:KINGOFOVAL
オートレースをプロスポーツとして楽しんでいます

ご意見ご要望はコメントまたはこちらまで

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。