スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オートレースグランプリ決勝の模様

昨日、SG第15回オートレースグランプリの優勝戦(決勝)が伊勢崎オートレース場で行われました。

開催前からちょっと天気予報が気になる感じでしたが、初日から4日目準決勝まで良(ドライコンディション)走路。
最終日は雨が降りそうで降らない空模様で、このまま最後まで行くのかなー?と思った所でいきなり本降りに!
優勝戦は5月のオールスターに続き完全湿(フルウェット)走路になりました。

そのグランプリ優勝戦を制したのは、、、
金子大輔選手
嬉しいSG初制覇をこのナイター決戦で成し遂げました。
今開催の金子選手は、予選での動きはいまひとつ物足りない状態でしたが、4日目の整備で動きが一変、
準決勝は追い上げる展開で2着に入り優出を決めると、優勝戦では雨も味方に付け見事優勝となりました。

その優勝戦レース、金子選手は、速攻決めて先頭に立った高橋貢選手の背後に付いてテールトゥノーズで周回し
レース中盤にかかった所で落ち着いて高橋選手をパス。そのまま差を拡げながらトップチェッカーを受けるという、
実に堂々とした、力強い内容でした。是非、後の動画でご覧ください。

それにしても金子選手を筆頭に29期勢はなかなか粒揃いで、SGでの活躍も当たり前となりつつありますね。
今回も他に早川選手、佐藤選手が優出しましたし。今後も注目したいと思います。

前回記事で取り上げた”5強”は、永井選手2日目反妨で早々に失権、有吉選手準決勝3着に終わり、
優出を果たしたのは3人高橋選手浦田選手中村選手)でした。
高橋選手は優勝戦でも見せ場を作りましたが、ウェットが得意でない残り2人は着外に終わりました。
4日間の動きからドライであれば優勝の有力候補と目されていた両選手があっさり勝負圏外に沈む姿は、図らずも
”ウェットの巧拙がハッキリ出る”というオートレースの特徴を端的に示す形となってしまいましたね。
伊勢崎走路は”雨でも食い付く”と言われ、実際フルウェットであっても他場のハーフウェットのようなタイムが
出ますが、それでも”不得手なもんは不得手”とw

それでは、今回のグランプリの優勝戦レースと金子選手の優勝インタビューの動画をどうぞ。
優勝戦は3位以下の争いもなかなか面白かったですよ。スーパースター戦の出場ポイントをかけて皆必死です。






にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KINGOFOVAL

Author:KINGOFOVAL
オートレースをプロスポーツとして楽しんでいます

ご意見ご要望はコメントまたはこちらまで

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。