スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選手(オートレーサー)について

今回は選手(オートレーサー)についてです。
といっても個々の選手の話ではなく、総体としての話です。これから何回かに分けて書いていこうと思います。
オートレースとは?の動画でインタビューを受けている人達、あの人達がまさにオートレーサーな訳ですが、
あの人達はいかにしてオートレーサーになったのか?と言いますと、基本的に皆決まった道を通っているのです。
簡単に書くと、

オートレーサーを志す
   ↓
選手候補生募集に応募する
   ↓
入所試験を受験する
   ↓合格
養成所に入所し訓練を受ける
   ↓卒業
選手登録される

というような流れです。
で、当然ながら一番最初の「オートレーサーを志す」が無ければ、その後は無い話なのですが、
"何故そう思い立ったのか?"と言いますと、これはもう選手に聞く以外にはわからない話ですよね。
幸いそれは選手へのインタビューでよくある質問でして、回答を見てみますと
やはり多いのは、

・バイクが好きで、バイクいじって、走って、それで飯を食って行けるのが最高だと思った。
・レース場でレースを見て、カッコ良い、俺もやりたいと思った。

といったあたりですね。これらは王道です。
あとは、

・腕一本で賞金を稼いで生きて行くのがカッコ良いと思った。
・自分はサラリーマンには向いていないと思ったので。

というライフスタイルに対する憧れ。これもわかるような気がしますね。
中には、

・JKA(オートの統括団体)職員に就職しようと訪問したが募集が無く、そこでたまたま見かけた選手募集に応募してみた。

なんて人もw

まあ理由も、考えた時期も人それぞれのようですが、その次の「選手候補生募集に応募する」からはいよいよ横一線という事になります。
オートレースの選手候補生募集というのは、基本的に2年に一度です。毎年ある訳ではないので、考えている人はちょっと注意が必要ですよ。

そんなところで今回の動画ですが、去年の第31期生募集の告知用のものをチョイスしてみました。バイクの世界で知名度抜群の青木治親選手が借り出されておりますw
おそらく来年には第32期生の募集が行われるだろうと思います。

以下余談
候補生募集、今でこそ年齢・性別・身長等の制限が無くなりましたが、少し前まではかなり厳しい条件が付けられていました。
私の知り合いにも、なりたいと思っても残念ながら知った時点で既に年齢オーバーだった(23歳を超えていた)...
なんて人が居ます。本人曰く、制限が無くなってもさすがにもう歳で無理。だそうですww





にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KINGOFOVAL

Author:KINGOFOVAL
オートレースをプロスポーツとして楽しんでいます

ご意見ご要望はコメントまたはこちらまで

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。