スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本選手権オートレース決勝の模様

本日、SG第42回日本選手権オートレース優勝戦(決勝戦)が行われました。

昨日行われた準決勝4つのレースのうち1つが事故レースとなり、優勝戦進出が濃厚と見られていた一部の
有力選手が脱落するという波乱がありましたが、
とにもかくにも今年の実力日本一の称号を手にしたレーサーは
永井大介選手
その独走力スピードを全国のオートレースファンに見せ付けました。
永井選手は一昨年のオートレースグランプリでSG初制覇すると、暮れのスーパースター王座決定戦
年明けて去年の全日本選抜、春のオールスターと4つのSGを制覇しており、1年半ぶりのSG制覇となる
今回の日本選手権で、見事史上2人目のSG全冠制覇達成となりました!
これから永井選手には”SGグランドスラマー”という肩書きがついて回る事でしょう。

さて、実は永井選手がSGを勝つ時には決まった”勝ちパターン”,”勝利の方程式”があります。
それはオープンの3枠or4枠からトップスタートを切る有吉選手に対し、永井選手は1枠からインを利した
スタートで有吉選手に続く2番手につけ、有吉選手を序盤周回でパス、後は持ち前のスピードで後続の
接近を許さず、そのまま逃げ切るというものです。
SG初制覇こそ2枠からのトップスタートでしたが、その後は全てこのパターンで、まるでリプレイを見て
いるかのように同じですw
本人も枠選択(抽選や得点等の順番に選手が枠を選択)の際には、意識して1枠を選んでいるようです。

ちなみにオープンの枠選択の人気順は、大体、3or4→2or5→1or6→7→8といった感じで、インの利は
あるもののタイミングが遅れた時に包まれて後退を余儀なくされる1枠は決して人気の枠ではありません。
でも、その”諸刃の剣”的なところが永井選手には合っているのかもしれませんね。

今回の決勝レースも上記永井選手の勝ちパターンとなりました。優勝インタビューと併せてご鑑賞ください。


それから、全く別の話題となりますが、何度か取り上げている31期選手候補生関連の情報を2つ。
①11/6(土)に伊勢崎オートレース場で候補生の挨拶が行われるとの事です。
11/6(土)伊勢崎レース場で「オートレース選手養成所第31期候補生」がファンの皆様にご挨拶いたします
②同じく11/6(土)に選手養成の様子を追った番組がTV放映されるようです。
フジテレビ「潜入!リアルスコープ」で「オートレース選手養成所第31期候補生」が紹介されます
興味がお有りの方は、是非リンク先の情報をご覧になって下さい






にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KINGOFOVAL

Author:KINGOFOVAL
オートレースをプロスポーツとして楽しんでいます

ご意見ご要望はコメントまたはこちらまで

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。