スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子オートレーサー候補生

さて、上位ランカー紹介もあと1回残っていますけれども、今回は31期選手候補生の話です。
というのも、9月1日の養成所入所を控え、早くも各種メディアで取り上げられ始めているからです。
  ※入所後の生活については選手(オートレーサー)について2を参照のこと。今期もたぶん同様でしょう。

まず、31期候補生達の顔ぶれをご覧ください。→ 第31期選手候補生 第2次試験合格者の発表について

バイク絡みですと、当然、ロードレース全日本チャンプの面々モトクロス日本GP出場者などに目が行きますが、
世間的には、やはり女子候補生が2人含まれていることに注目が集まっているようです。
「44年ぶり女子オートレーサー誕生(復活)なるか?」などという見出しで大きく報じられておりました。
スポーツ紙のみならず一般紙でも取り上げられているところにその注目度の高さが伺えます。

少し前に年配オートファン(昔の女子レーサーを見ている)と話した際に、この話題を振ってみたのですが、
まず驚き、「そんなに希望者が居たのか?」と聞き返されました。
どうも大量に女子候補生を合格させたと思ったようなのです。
というのも、かつての女子レーサーというのは、女性だけでレースをしていたんだそうです。
いわば"レディースオートレース"ですね。まあ末期には選手数が足りずに混合レースになったようなのですが、
とにかく、その方は、男女混合レース前提で女性を合格させたという点には絶句しておりました。
かつての女子レーサーの走りの記憶から、"女性には難しい"と捉えていたようです。
ただ、現行競走車が昔のそれより整備も含め遥かに扱いやすくなっている点、ハンデの存在などを加味して考えれば、
何とか生き残る事は可能かもしれないと、最後にはおっしゃっておりましたが。

やはりファンの間でも人それぞれ色々な見方がある話のようですが、
何はともあれ、せっかく候補生になったのですから、無事に卒業し、選手として長く活躍してもらいたいですね。
これは男性女性有名無名関係なく、候補生皆そうであって欲しいと思っております。なんか偉そうですみませんw

今回は、つい先ごろ、女子候補生の一人がTVで取り上げられていた時の動画を紹介します。
オートレースやMXのレース映像がカットされていて若干見辛いのですが、
まあそれはともかく、こういうのを見ますと、やはり応援したくなりますね!




にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KINGOFOVAL

Author:KINGOFOVAL
オートレースをプロスポーツとして楽しんでいます

ご意見ご要望はコメントまたはこちらまで

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。