スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オートレースの勝ち上がりルール

さて、今回はオートレースの”勝ち上がり”についてです。
以前の記事オートレースはトーナメントの中でもサラッと触れては居るのですが、ちょうど新人選手が勝ち上がり
権利を得たところ(デビュー3節目以降、浜松の場合は今節8/4~8/7から)ですので、もう少し突っ込んで説明
してみたいと思います。

まずは公式ページの説明をどうぞ → 普通開催における概定番組(勝ち上がり)について
この説明だけでわかる方は以下は不要と思われますがw

まず、知っておかないとならない最初のポイントは
・1日の12のレースは、いくつかのグループ=”レース枠”に分かれている。
・その日のレースの成績によって、翌日どの”レース枠”で走るかが振り分けられる。
という事でしょうか。それを知らずに上の勝ち上がりの説明を読んでも多分意味がわからないでしょう。

上記説明ページの下部にリンクがありますが、その中から4日制を例に取りますと、、、

1日目 A[1~4R]、B[5~8R]、C[9~11R]、D[12R]
2日目 A[1~3R]、B[4~7R]、C[8~10R]、D[11~12R]
3日目 A[1~4R]、B[5~8R]、C[9~12R]
4日目 A[1~5R]、B[6~8R]、C[9R]、D[10R]、E[11R]、F[12R]

A~Fのアルファベットを振ったのが”レース枠”です。
1日目、2日目は4枠ずつ、3日目は3枠、最終日4日目は6枠に分かれています。
同日同枠内のレースは勝ち上がりの条件が一緒、賞金も同額と考えてください。

で、4日目のF枠が優勝戦です。ここで勝つと”優勝”です。
そして、赤い色の枠が優勝の可能性の残されている枠になります。
1日目の時点では全枠が赤色。1~12R出場者96人全員に優勝のチャンスがあります。
しかし2日目にはA枠が外れます。この枠は残念ながら1日目の成績で予選落ちしてしまった選手の枠です。
そして3日目になると赤色はC枠(準決勝戦4レース)だけ。最終日のF枠に繋がっているのはこの枠だけです。

一言で言いますと”勝ち上がり”とは、このレース枠の構成と、枠から枠への振り分け条件の事です。
最終日にどのレース枠で走るかを徐々に決めていくための仕組み
と言い換える事も出来ると思います。

その具体的な振り分け条件として使われるのが、上記説明ページにある「各レースごとの順位決定方法※1
と「勝ち上がり基準における上位、下位の決定※2です。

例えば「初日C枠(9R~11R)から1~2位の6名と、3位上位2名が2日目D枠へ」という条件、
C枠のレースは3つありますから、各レースの1位選手と2位選手×3で6名 プラス 3位選手3名のうち2名、
合わせて8名が翌日D枠へ進む という意味ですが、
この条件の基本となる1~2位3位という”順位”の部分を決めるルールが※1
上位2名という同順位同士の序列の部分を決めるルールが※2です。
条件で指定する人数が枠内レース数の倍数の場合は※1のみで済み、端数がある場合※2の出番となります。

レース枠振り分け順位同順位同士の序列、、、やっぱり分かり辛いですかね(苦笑)
オートレースの場合ハンデがあり、必ずしも着順=速さではありませんから、どうしても複雑になりますね。

という事で今回の動画は今節から勝ち上がり権利を得た浜松31期の渡邉篤選手のレース。
4日間開催初日第4レース、上記の1日目A枠になります。この枠では各レース4位までに入らないと予選落ち
(2日目A枠行き)なのですが、そこを突破して2日目も赤色枠をキープしました!
見事な1着ですが、この走りでも上がりタイムが5位なために”順位”は4位でギリギリ通過でした。




にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

KINGOFOVAL

Author:KINGOFOVAL
オートレースをプロスポーツとして楽しんでいます

ご意見ご要望はコメントまたはこちらまで

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。