スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年度、新ランク

さて、オートレースは、レース体系については年末のスーパースターを頂点・締め括りとして構成されておりますが
本来の区切りと言いますと、いわゆる会計年度(4月~翌年3月)毎ということになるかと思います。
開催計画や、選手ランク適用、他新制度の導入なども、基本的に会計年度(上下半期)に合わせて実施されます。

先日、新年度(平成23年度)に向けて、SG&プレミアムカップの開催日程と、新選手ランクが発表になりました。

まずは開催日程 → 平成23年度 SGオートレース等開催日程表

年の区切りで見ますと、今年は西日本(飯塚、山陽)でのビッグレースの開催というのが無いんですねぇー...
先日の全日本選抜も伊勢崎でしたから、今年のSG5開催は伊勢崎→川口→伊勢崎→船橋→川口ですか。
西日本のファンは来年の全日本選抜(山陽)が待ち遠しいのではないでしょうか?
近況好調の高橋貢選手はグランプリが伊勢崎ということで、SGグランドスラムの大チャンスですね。

それから新ランク → 平成23年度前期適用ランク決定!

4月からの全国No.1レーサー(S-1)の称号は、飯塚の田中茂選手が獲得!
田中選手は通算3度目のS-1。強烈な追い込みで知られるインファイター。屈指の実力者ですが、審査期間中
に欠場もありましたし、グレードレースの優勝も無かった事から、ちょっと意外に思ったファンも多いようです。
反則等のマイナスポイントが少なかったのでしょうか?
他に目を移しますと、やはりLG飯塚の選手がS級に23人もランクインしており、層の厚さが歴然ですね。
この勢力図はまだしばらく続きそうな感じがしますねー。
あと、30期の選手達はここからどんどんランクアップして来ると思いますね。今かなり活躍していますから。

と、いうことで今回の動画は4月から全国No.1の田中茂選手が昨年9月に山陽普通開催で優勝したレース
ハンデ戦ならではのレース展開ですが、相変わらず田中選手の追い込みは見事ですね。シビれます!




にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

全日本選抜オートレース決勝の模様

一昨日、SG第24回全日本選抜オートレースの優勝戦(決勝)が行われました。

この開催は、初日から降雪・雨の影響があり、一日通じて良(ドライ)走路だったのは2日目と最終日5日目のみ
という状況でした。しかも4日目の準決勝が完全に湿(ウェット)走路となったため、最近のSGの流れからすると
やや異色の、雨巧者を含むバラエティに富んだメンバー構成の優勝戦になりました。

そんな優勝戦を完璧なレース運びで勝ち切ったのは
高橋貢選手
初日から圧倒的な強さ・速さを発揮し、優勝戦まで圧巻の5連勝
9年ぶりの地元SG制覇を見事完全優勝で飾りました。

レースぶりは後の動画で確認して頂きたいのですが、まあとにかく、だてに"絶対王者"と呼ばれていません。
オート界でも世代交代は間違いなく進んでいて、それはSG優出メンバーの変遷を見ていても明らかなのですが、
その流れの中にあっても、高橋選手がマシンのセッティングを出してきた時の強さ・安定感は相変わらず他者を
圧倒しています。

高橋選手はこれで自身のSG最多優勝記録を更新するSG17勝!
同時に通算優勝157回!(こちらも記録)
正直、これらは途方も無い数字です...

高橋選手の戦歴についてはいずれ改めて紹介しようと思います。とにかく凄まじいものですよ!w

今回の動画はもちろん全日本選抜優勝戦のレース高橋選手の優勝インタビューです。是非ご覧ください。
それにしても大舞台に強い濱野選手が久々に"らしい"走りをしましたねー






にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村

絶対王者の戦い

さてさて、早くも今年のSG開幕戦SG第24回全日本選抜オートレースが、2/9(水)~2/13(日)
伊勢崎オートレース場で開催されます。

スーパースター以外のSGレースは6オートレース場による持ち回り開催ですので、毎年開催地が変わります。
以前はどのSGも、綺麗に6年周期のローテーションになっていたのですが、近年はやや変則気味で、
この全日本選抜は伊勢崎では実に9年ぶりの開催となります。

伊勢崎と言えば、泣く子も黙る”絶対王者”高橋貢選手のお膝元
9年前の全日本選抜も、地元ファンの期待に応え、見事制しております。

が、しかし、それから伊勢崎で行われたSGレースがどうだったかと言いますと、、、

2002/03/06 第15回全日本選抜 優勝:高橋  貢(伊勢崎22期)
2002/10/01 第 6回グランプリ 優勝:岡部  聡(山陽19期)
2003/11/26 第35回日本選手権 優勝:池田政和(船橋23期)
2005/05/01 第24回オールスター 優勝:久門  徹(飯塚26期)
2008/09/24 第12回グランプリ 優勝:永井大介(船橋25期)
2009/11/03 第41回日本選手権 優勝:木村武之(浜松26期)

上記のようにその後は遠征選手の優勝が続き、9年前のこの開催以降、地元SG制覇は果たしていません。
もちろん、SGは全国のトップレーサー達が集まるレースですので、そんな簡単には勝てる筈がないのですが、
高橋選手は地元のレースでは磐石という印象がありますから、ちょっと意外ですよね。

今回は高橋選手が9年ぶりに地元SG優勝を飾るのか、それとも他場の強豪が凱歌を上げるのか
はたまた地元伊勢崎からニューヒーローの誕生となるのか
そういった視点で観戦してみるのも面白いかと思いますよ!!

というところで、今回の動画1本目は話に出た9年前の全日本選抜。高橋選手と木村選手の一騎打ちです。
2本目は今開催の告知ニューヒーロー候補の筆頭・早川清太郎選手の登場するバージョンです。






にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
プロフィール

KINGOFOVAL

Author:KINGOFOVAL
オートレースをプロスポーツとして楽しんでいます

ご意見ご要望はコメントまたはこちらまで

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。