スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本選手権3連覇なる!

11/4、SG第44回日本選手権オートレースの優勝戦(決勝)が川口オートレース場で行われました。

この開催は全日程通じて好天に恵まれ、全レース安定したコンディションでのレースとなりました。
上位選手では高橋貢選手が3日目スーパーライダー戦でフライング失権。有吉選手、金子選手が
準決勝で敗退したものの、木村武之選手、田中茂選手といった選手権V経験がある強豪選手が復活し、
優勝戦は”さすが日本選手権”という、錚々たる面々でのレースに。

その優勝戦を制し、今年の実力日本一の称号を手にしたのは、、、
永井大介選手
史上初、日本選手権3連覇を達成!!通算SG8勝目を飾りました。

今開催の永井選手は初日からなかなか堅調で、連日安定したパフォーマンスを披露。
勝負所の準決勝では出遅れて最後方からのレースとなりましたが、着実に追い上げ2着で優出。
迎えた最終日、試走トップタイム、レースでは好Sからカマシを決め得意の逃げ展開を作って完勝しました。

かつて飯塚将光選手片平巧選手高橋貢選手が挑んで跳ね返された大記録、遂に達成です。
この永井選手の3連覇、振り返ると、一昨年と今年の優勝はまあ調子から見て順当だったと思いますが、
去年は晴れでは優勝が想像し難い状態で、永井選手本人も言っていたように”雨に恵まれた”
感がありました。それを考えると、永井選手をしても薄氷の上での記録達成だったと言え、
やはり、これはとてつもなく難易度が高い大記録なんだなぁと、そんな風に思いますね。。

そして、この選手権の結果で、年末のスーパースター戦出場選手16名が決まりました。
 ↓
SG第27回スーパースター王座決定戦 トライアル戦 出場選手決定!

今回上位入賞を果たした木村選手、田中選手やなんとかポイントを加算した中村選手も加わり、
実力あるトップライダー達が漏れなく顔を揃えた形になったと思います。
舞台は再び川口。ズバリ、テーマは”ストップ・ザ・永井 なるか”ですね、これは。今から楽しみです。

それでは、今回の選手権の優勝戦レースと永井選手の優勝インタビューの動画をどうぞ。
木村選手は序盤が速く途中まで永井選手を追走、田中選手は最後まで追い上げて2番手に肉薄と、
復活した26期の2人それぞれに持ち味が出ましたね。






にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

日本選手権オートレース絶賛開催中!

さて今年もオートレース実力日本一決定戦日本選手権がやってまいりました。

SG第44回日本選手権オートレース in川口オートレース場 10/31(水)~11/4(日) 絶賛開催中!!

歴史も権威もある日本選手権。言わずと知れたオートレース界の重要タイトルです。

そして、年末のスーパースター王座戦出場をかけた最後の一戦でもあります。
 ↓ 現在のポイント状況
スーパースターへの道2012

もう今日は予選3日目、最終予選を迎えているわけですが、初日~2日目を見たところでは木村武之選手(浜松)
の動きが良いですね~。木村選手は2009年の選手権覇者でもありますが、その時を髣髴とさせる動きです。
好不調の波が大きい選手で、特に最近その波が小刻みで調子が把握し辛いのですが、今回は好気配でしょう。
他には今年好調ながらSGでパッとしていないためスーパースター出場ピンチに陥っている中村雅人選手(船橋)
の走りにも注目が集まっているようです。年末の大舞台から銘柄級レーサーが抜けてしまうと盛り上がりに欠け
ますから、ここは底力でのポイント奪取を期待したいところです。
週末の準決勝→決勝が今から楽しみですね!!

※レース場ではイベント・ファンサービスも盛り沢山のようですよ~!是非レース場で観戦しましょう!!
 ↓
SG第44回日本選手権オートレース(10/31~11/4)のお知らせ

ということで動画は、前回の川口・日本選手権(7年前)の優勝戦レース。
雨でウェット路面となったこの一戦、ウェットキングとして名高い岡部選手が本領発揮しました。
本来ウェットは得意ではない池田選手がアウトぶん回しで懸命に粘っています。




にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村

オートレースグランプリ決勝の模様

昨日、飯塚オートレース場で、2012年SG第3戦(ビッグレース第5戦)にあたる
SG第16回オートレースグランプリの優勝戦(決勝)が行われました。

この開催は、初日2日目はモロに台風の影響を受け大雨、3日目も雨が降ったり止んだりの不安定な天候で、
完全なドライコンディションでレースが出来たのは後半2日間だけでした。
ビッグネーム勢にとってはさながらサバイバルの様相となり、2日目予選で有吉選手がスタート大失敗の
異常発走で失権、3日目には浦田選手が苦手の雨克服ならず予選落ち、
4日目準決勝では永井選手が被害を受け転倒、中村選手、金子選手が不調で敗退と、次々V争いから脱落。
SGファイナル常連選手で生き残ったのは高橋貢選手、荒尾聡選手の2名だけという意外な展開に。
逆に言えば、いつもと違う面々が顔を揃えたということで、SG優勝歴があるのは上記2名のみ、
SG初優出選手2名、2度目の選手3名を含む、かなりフレッシュな印象の優勝戦となりました。

さて、そんなグランプリ優勝戦、制したのは
高橋貢選手
昨年のオールスター以来のSG制覇SG通算19勝目を挙げ、
遂にSGグランドスラムを達成しました!

レースは、抜けた試走時計を叩き出した高橋貢選手がまずまずのスタートから前2車を難なくパスし、
あとはぶっちぎるのみのワンサイドゲーム。圧巻でした。
2着は、勝者には離されたもののトップスタートから高いスピード能力で走り切った荒尾選手、
そこからまた離れた3着にはレース後半鮮やかな捲りを決めた角南選手が入りました。

高橋貢選手はこれで史上4人目SGグランドスラマーに。
1997年のオールスターがSG初優勝でしたから、そこから15年、
2002年に全日本選抜を勝って王手をかけてから10年!
その間に永井選手や浦田選手が効率良くグランドスラマーとなり、先を越されてしまいましたが、
SGダントツ最多勝男が、ここにやっと全冠制覇を達成しました。
※ちなみに高橋選手は今は無き東西CCも優勝しており、片平選手以来の"6冠"完全制覇となります。

”絶対王者”と呼ばれる高橋選手ではありますが、さすがにもうベテランですから、正直、近年では
以前見られなかったような敗戦があったりもします。ですが、それでも様々な要素が噛み合った時の
最高到達点は、未だに他の選手の及ばない高さにあるような気がします。まだまだ"王者"です。

31期新人3選手、今回は大きな結果こそ残せませんでしたが、貴重な経験を積んでいます。
こんな早い時期にビッグレースに出場できる彼らは、きっと将来出世するだろうと思います。

今回の動画はもちろんグランプリ優勝戦のレース高橋貢選手の優勝インタビューです。
この驚異のスピードこそが若手時代から変わらぬ高橋選手の最大の武器です。






にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村

プレミアムカップ in Summer 優勝戦

一昨日、浜松オートレース場で特別GⅠプレミアムカップ優勝戦(決勝)が行われました。

最終日、初日~4日目までとはうって変わって天候が崩れ、強い雨の中行われた優勝戦、制したのは
高橋貢選手
いやー出入りの激しい、非常に面白いレースでした。高橋選手はスタート後最後方に置かれますが、
徐々に順位を上げて行き、最終周4コーナーで遂にトップに立って優勝しました。
終始トップ争いを続け最後の最後まで執念を見せた荒尾選手、高橋選手と競り合いながらあと一歩という
ところまで追い込んだ中村選手、好Sからレース中盤まで主導権を握った青木選手、ナイスファイトでした。

高橋選手は勝負所を知り尽くした”王者の走り”をファンにもライバルにも見せ付けた形となりましたが、
これでグレードレース60勝!(SG18、GⅠ25、GⅡ17)、通算優勝167回!とのことで、その
現在進行形の伝説”っぷりには本当に脱帽するしかありません。

オートレースには、毎年ファンを一番熱くさせた”ベストマッチ”を、ファン投票によって決める
「オートレースベストマッチ・オブ・ザ・イヤー」というものがありますが、今回のレースはその有力候補
間違いなしの好レースだったと思います。
レースの模様&高橋選手のインタビューを是非動画でご覧下さい。

※前回記事で取り上げたSS出場ポイントは、高橋選手が10pt、荒尾選手が5pt、中村選手が3pt
それぞれGetしました。こちらも今後ますます目が離せません。






にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
プロフィール

KINGOFOVAL

Author:KINGOFOVAL
オートレースをプロスポーツとして楽しんでいます

ご意見ご要望はコメントまたはこちらまで

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。