スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31期、32期情報&お知らせ

さて、まず31期選手情報から。
昨年夏にデビューし、1年以上にわたり2級車(500cc車両)でレースをして来た31期選手達ですが、
いよいよ、来年1月からは先輩選手達と同じ1級車(600cc車)でレースに出場します。
これは要するに、OJT期間を終え、ついに真のイコールコンディションでのレースに臨むという事です。
「やっと足枷が外れる」という感覚の選手も居るでしょうが、その分言い訳も利かなくなりますので、
より一層気合が入る事だろうと思います。

そして、時期的に言って2級車でのレースの集大成的な位置づけにもなるかと思いますが、
12/8~11には飯塚オートレース場で、31期新人王決定戦が開催されます。
 ↓
31期新人王決定戦開催決定!

3日間のトライアルの成績上位8名が最終日に新人王決定戦に挑みます。
年末のスーパースター王座と似たスタイルですね。誰が31期新人王の座に付くのでしょうか?楽しみです!


そして、その後輩にあたる32期選手候補生達の情報
今年10月から筑波サーキット内のオートレース選手養成所で合宿訓練を受けている訳ですが、
その様子については、31期生の時と同様、公式ブログで紹介されています。
 ↓
32期選手候補生ブログ

今月10日には川口レース場の見学があり、ついでにお客さんへの挨拶も行われていました。
まだまだ訓練序盤だと思いますが、来年6月まで脱落せず頑張って欲しいものです!!
追記:
12/1には今度は伊勢崎で挨拶が行われるそうですよ。
 ↓
12/1(土)伊勢崎レース場で「オートレース選手養成所第32期選手候補生」がファンの皆様にご挨拶いたします。


今回の動画1本目は、30期の新人王決定戦(2009年11月)のレース。トライアルは3日間晴でしたが、
最終日は湿路、そしてフライングが2度、影響が有ったか無かったか、結果的に伏兵?の優勝となりました。
2、3本目はどちらも32期選手候補生の様子で、11/10の川口見学・挨拶、11/15の養成所訓練です。
3本目は”エッグスタンド”という訓練見学用のスタンド席から撮影されたものだと思います。
冒頭でチラッと映る後姿、さあ誰でしょうか?w 最後の方で判ります。28期コンビで指導したのかな?








お知らせ
最後になりますが、このブログは今回をもって最終更新とさせて頂きます。一昨年7月の開設から約2年半、
これまでご訪問いただいた方、またコメント・メールを下さった方、本当にありがとうございました。
オートレースは、レース体系に関しては1年周期、新人デビューも含めると2年周期で回っていますので、
この2年半でおおよそ全体の流れというものが紹介出来たのではないかと思っています。
内容に関してはいろいろとご意見もお有りだったかと思いますが、平にご容赦下さいませ<(_ _)>


にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

想いを引き継ぐ

1/24浜松での優勝戦で渡邉篤選手が快勝、初Vを決めました!
これで優勝戦に挑んだ31期生3人連続で優勝となりました。

渡邉選手はこの開催で自己ベストを連続して更新。
特に優勝戦では、今のところ31期の最高タイムとなる3.381という猛烈な時計を出しました。


同期生を亡くした新人選手達がどのような気持ちでレースと向き合っているのか、
その答えが渡邉選手の優勝後のコメント(下記ページ)にありました。
  ↓
K-MIX杯、新人・渡辺 篤選手(浜松)が初優勝!


----抜粋--------------------------------------------------
”一生懸命走って、走って、悔いなく走り抜くこと”…
”オートレースに一生懸命になること”、
そしてオートレースを見てくれたお客様が、心を熱くさせ感動してくれる、
『オートレースって、すごいんだよ、楽しいよ!』と世間に広く知ってもらいたくて頑張っていた坂井の想いを、
僕たちが引き継いで走り続けることが、坂井への想いに応えることだと感じたのです。

この1週間で中尾(中尾貴志選手)が優勝し、青山(青山周平選手)が優勝し、自分も優勝することができました。
31期のみんなが、坂井のオートレースに懸けた想いを引き継いでいると思います。

・・・ オートレースに一生懸命な姿、お客様がオートを見て「また明日も見よう!」と、
オートレースに魅力を感じてくれる、そういう走りを…
”オートレースの素晴らしさ”を知ってもらうために、これからも一生懸命走り続けたいと思います。
----------------------------------------------------------


その真摯な言葉に心を打たれました。

渡邉選手はロード界で輝かしいキャリアを持つ、31期の最年長、一番の”お兄さん”です。
この言葉は、渡邉選手個人というだけでなく、31期生全員の気持ちを代表して語ったものでもあると思います。

ここまで人の心を動かす、坂井選手のオートレースに懸けた想いに、
改めて、心より敬意を表したいと思います。。。


今回の動画は上記の渡邉選手初優勝レースです。レース前日の優出(ファイナル進出)インタビューもどうぞ。
やや硬い表情(これは仕方ありませんね)ではありますが、優勝戦に向け手応えを掴んでいる感じも伺えます。
優勝戦レースは木村選手と金子選手、浜松両エースの走りも見ものですよ。





P.S. 渡邉選手と青山選手の31期ペアで鈴鹿8耐出場との報道もありました。
   まだ詳細は分かりませんが楽しみです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村

悲しみの優勝

1/15坂井選手殉職後のオート界の動きについて。

まず、まるで坂井選手を弔うかのように、同期31期生が相次いで優勝を飾りました。
(1/16飯塚で中尾貴志選手が初V、1/17船橋で青山周平選手が2度目のV)
相当な動揺があったであろう選手達、特に新人である同期生達は、優勝した2人だけでなくレース出場中だった
全員よく踏ん張ったものだと思います。立派でした。

それから、各種報道にありましたように、1/19に坂井選手の合同葬(選手会、坂井家)が執り行われました。

そして、近日中に31期の養成所長を委員長とする事故再発防止委員会が開かれるとの発表がありました。
しっかりと再発防止を図って欲しいと思います。

今回の動画は上記の中尾選手と青山選手の優勝レースです。
両選手とも今後も優勝する機会はあるかと思いますが、これは忘れられない優勝になるのではないでしょうか。。。






にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村

スーパールーキー初優勝

さて、この夏デビューしたばかりの31期生ですが、なんと早くも優勝者が出ました!!
その選手とは... 船橋の青山周平選手です!
今日船橋で行われた優勝戦を制し、見事に初優勝を飾りました。(デビュー以来無敗のまま!!
 ↓公式ニュース
超新星!青山周平選手(船橋)史上初デビューから無敗で初優勝!

青山選手はこれまで十分なバイクレース実績がありますので、純粋に”ルーキー”と呼ぶのは微妙に違和感が
あったりしますがw、でも、オートレースではれっきとした新人選手、ルーキーなんですよね。
実際デビューからのレースぶりを見ていて思ったのは、とにかく新人らしからぬ走りだなぁと。
あまりに上手すぎて、現S級上位ランカーが2級車に乗ってレースに出ているかのような印象を受けました。

好成績を残すとハンデが重くなっていくという”速い選手泣かせ”のオートレースですが、新人とて例外では
ありませんで、青山選手はデビュー戦では他の新人選手同様に最重ハンデ(S級)選手の90m前だったのが、
あれよあれよと言う間にハンデが重くなり、今では40m前になってしまいました。たった10戦かそこいらで
50mも距離が詰まっています。今日現在、31期生でこのハンデで走っているのは青山選手だけです。
しかも、今節の圧倒的な走りを見ますと、更なるハンデ重化も有り得る状況です。
今後1級車と横並びだったり、前に1級車を何台も置くような厳しいグリッドポジションも増えて行きます。
青山選手からしたら「もう少し楽にレースさせてよ~~他の同期と違うじゃん!」と言いたい所かもしれませんが、
これもオートレースの世界において実力を認められた証速い選手の宿命と思って、
ガムシャラにオートレーサー道邁進して貰いたいですね!

今回の動画は、もちろん青山選手の記念すべき初優勝レースです。 上がり3.426は速い!
前日の準決勝で31期平塚選手の逃げを捕らえた中村選手が追いますが、青山選手には追い付けません。




にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
プロフィール

KINGOFOVAL

Author:KINGOFOVAL
オートレースをプロスポーツとして楽しんでいます

ご意見ご要望はコメントまたはこちらまで

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。